社内SEの転職事情について

社内SEを目指す人材はかなり多く、人気・倍率も高いことが特徴です。

1つの社内SEの求人に50人以上が殺到することは当たり前なので、少しでも気になった多くの求人に対してエントリーしていくことが通過のためには必要なんです。

 

社内SEへの転職成功のための初動で必要な3つのポイント!

  1. 情報収集は幅広く行い、多くの社内SE求人にリーチすること
  2. 募集案件が公開されたタイミングでスピーディにエントリーしてみること
  3. 少なくとも2社以上の転職エージェントを使って非公開求人もリサーチすること

となります。

 

社内SEの求人は応募者に対して数がそう多くありません。公開されたタイミングで50人、100人と応募するのでスグ埋まってしまい閉じられる傾向にあります。公開された時点で判断してエントリーだけでもする必要がでてきます。

 

転職サイトでの検索方法

img001
ネットでの検索方法としては「SIer×社内SE」だけで検索するのではなく、IT業界以外のITエンジニアで検索すると幅広く拾えます。

例えばメーカー、金融、物流、商社、広告マスコミ、エンタメ、官公庁、医療、中小企業×ソフトウェア開発・ネットワーク構築・ITサポートなどです。

 

非公開の案件をリサーチするには

img002
社内SEのように応募が集まりやすい求人は、Web公開してしまうとスキル不足の人材が気軽にエントリーして人事の対応も大変になることから、非公開にされてる事が多いです。

企業側も要件を満たすSEにだけエントリーして欲しいので転職エージェントに紹介を依頼しているのです。

なので非公開の案件は転職エージェント(人材紹介会社)を活用して、募集の情報が入った時点ですぐ連絡を貰えるように整えておくと有利に動けます。

おすすめ転職エージェントをご紹介します。

 

社内SEの求人探しにおすすめ転職エージェント

社内SEへの転職を目指す方に親身なサポートをしてくれる会社をピックアップしました。IT系における求人数が多く、転職ノウハウが充実しているところですので登録して活用してください。無料です。

  • ワークポート

    bana3_wp

    東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・京都・福岡のみ利用可能。
    サービススタートは2003年と浅いものの、10年以上IT系のサポートをしてきた強みを持っているのがワークポート。

    SIer、ゲーム系の会社が多く社内SEの求人も保有。約400件(非公開数は不明)。

    ワークポートの特徴はログインして使えるeコンシェルというマイページ機能。これによって本来は公開されない非公開求人を閲覧・応募することが出来るようになります。他のエージェントには無いサービスです。

    また、大手が保有していないようなベンチャー企業の求人もあり、幅広い情報収集が可能になります。コンシェルジュは元SEやIT系の人材が担当するなどITに詳しい人が担当してくれるので親身になってサポートしてもらえます。

  • マイナビエージェント×IT

    bana3_mynavi

    社内SEの求人は約100件、非公開求人も含めると700件近くあります。

    国内での知名度が高く、上場企業、大手、中小のSIerの他、メーカー・金融・外資系などIT業界以外での社内SEも含めると業界トップクラスの取引企業数があります。

    情報量が重要な社内SEでの転職なら間違いなくマイナビは活用したほうが良いでしょう!

    社内SE専用の経歴書の書き方、面接対策を伝授してくれるコンテンツも保有。約40年にわたる転職のノウハウを駆使して、応募したい各社に合わせた社内SEの求人へのアプローチを一緒に考えてもらえます。

    IT業界専門のコンサルタントから長く働ける職場を案内してもらえます!

  • リクルートエージェント

    bana3_recruit

    全国どこでも利用可能。リクナビNEXTとは異なるエージェント型の転職支援サービスです。
    最大手だけあって取引企業数はNo1。社内SEの求人だけで300件弱あり、この他に非公開求人も紹介してもらえるようになります。

    上場企業や大手の社内SEを目指すならリクルートエージェントは活用しておいて損はありません。

    社内SE専門の転職成功に向けたキャリアアドバイザの助言ももらえ、SIer→社内SEではダウンしがちな年収の交渉等も企業に対して行ってもらえるから、活用している求職者数もNo1となっています。

    社内SEは応募が集中しやすい人気の職種です。多くの求人案件にアプローチするためには欠かせないのがリクルートエージェントです。

  • レバテック

    レバテックも利用エリアが限定されています。(東京・千葉・神奈川・埼玉)
    ワークポートと同様にIT系に特化した転職エージェントであるため、キャリアアドバイザもIT出身者が多いので、SEの転職もお任せできます。

    書類通過率64.6%というデータが出ています。面談からの入社率は約30%で3.4人に1人が内定をもらっていることを公表してますから、自信が現れていると言えますね。社内SEの求人数、非公開求人数はオープンにはなっていません。

  • typeの人材紹介

    IT特化ではない総合的な転職エージェントのtypeです。しかしエンジニアの適職フェア等のイベントもしばしば開催されているとおりIT系に力を入れていること、得意分野であることは間違いありません。

    社内SEの公開求人は0件で、全て非公開でその数は400件あります。

  • インテリジェンスDODA

    IT特化ではない転職エージェントです。リクルートに次ぐ求人数で業界No2の規模です。そのため社内SEの求人も豊富で公開求人だけで約400件保有しています。年に何回かエンジニア向けの転職フェアのイベントも開催、現場で採用担当者の話が聞けると評判です。

サブコンテンツ

TOP