社内SEのやりがいはどんなところにあるか

「社内SEのやりがい」は難しいですね。そもそも仕事に対してやりがいを求める人と求めない人がいます。
仕事とプライベートは割りきってつまんないけど金を稼ぐための手段として仕事をする、という人が多いからね。

でも、SEなどの技術者の場合は仕事に対してやりがいを求める傾向があります。転職希望者の中でも年収アップよりもやりたい仕事をやりたいから転職したい、という方が多いのです。

さて、そんな中で社内SEのやりがいはどんなところにあるか見ていきます。これから社内SEを目指す人は参考にして欲しいのと、こんなことなら社内SEにならなければよかった・・というのを未然に防げれば幸いですね。

 

社内SEのやりがい3選

これから社内SEを目指してみようかな、長く働ける職種かな、自分に適性があるかな、という方はチェックしてみてください。

1.自社内開発ができる

SEならではの悩みで客先常駐という働き方がありますよね。社内SEは基本的に自社の中で仕事をするので会社に対して愛着がわく(愛社精神)こともあるし、自分の会社が好きな人にとってはその会社のシステムやインフラを作れるというのはやりがいになるでしょう。

2.社外向けサービスを作れる

会社が一般市場向けにサービスを提供している会社の場合です。たとえばWEBサービスとか、パッケージソフトとか、ゲームアプリとか。自分が作ったモノをBtoCで提供できるのは非常にやりがいになります。常に市場の最前線でお客さんに近いポジションで働けますからね。そして市場から反応があります。「このアプリすげえww」とか、「このアプリ俺が作ったんだよね」、なんて自慢できちゃいます。

3.自分1人で全部の仕事ができる

中小企業の社内SEだと特にそうですが、メンバーが少ないです。場合によっては1人というケースもあります。自分1人で社内のIT関係を全て携われるのは魅力です。PC詳しくない社員が殆どなので「ITのことならあの人に聞こう」となるので充実感があります。社員にIT化を啓蒙していくか、また社員の業務軽減のためのヒアリングやリサーチ、提案ができるかこれも面白みだと思いますね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOP