技術屋のSE、あたたかい人間活動をせよ

若手のSE、とくに新人君にSEの仕事についてお伝えしていきたいと思う。

SEは技術屋として認識されている事が多いです。システムのエンジニアなのだから当然なのですが、それだけでは駄目だと思っていますし、雇い主も顧客もそれ以上の事を期待しているハズです。

私がSEをしていた頃は「プログラムだけを見れば良い」、「仕様書だけを見れば良い」、と自分の職域を決めてしまう人が多いと感じていた。外資系企業ならそれで良いのだと思うが日本の企業なのだから、そうではない。SEは冷たいと感じる人が多い、彼らに悪気は無いのだろうが、それでは素晴らしいSEとは言えない。顧客の幸せ、会社の幸せ、そして自分の幸せを実現できるSEになる事を目標としよう。

・職域を勝手に決めるな
・専門用語を使うな
・ITにさえ強ければよいわけではない
・人間としての価値観を持つこと
・人類皆兄弟

SEは職域を勝手に決めるな

プログラマでもコーダーでもテスターでもない、SEなんだから職域を決めてはいけない。システムを作って顧客に納品するという1つの契約の範囲すべてがSEの仕事と捉える事が重要。新人SEであっても自分の権限が無くてもそこまで広い視野を持つことが今後良いSEになるために必要になってくる。職域を決めると「それは自分の仕事ではない」「今忙しいから●●さんに聞いてみて」、顧客に頼まれ事をされても「自社に持ち帰って検討します」「自分の範囲外ですね」などと言ってしまう。そういう思考と言動が冷たいSEに見られてしまい信頼を失ってく事になる。

専門用語を使うな

他の業界のエンジニアはわからないが、少なくとも自分の周りのSEはやたら専門用語を使いたがる。SEはコミュニケーションの仕事でもある。たとえ自社内であっても専門用語を使っている時点で底が割れると思って行動しよう。「ふふん、専門用語使ってるおれっちカッコええ」なんて思ってるのかしらんけど、後輩や新人SEから「この人アホや」と思われてるだけです。ここでもまた冷たいSEの登場です。あったかいSEになるべく、新人SEに言っても通じるような言葉遣いをしましょう。

ITにさえ強ければよいわけではない

SEは技術屋だから、ITに関することに強みを持っていて、それで顧客を助けられれば良いと考えている人が多いと思う。しかしこれは間違いでITに強いことはベースとして持っていて当然の事である、ということ。顧客よりITに強いのは当たり前でなくてはいけない。その上で顧客から、会社から、同僚から信頼を勝ち取れるSEになるために、何をするべきかを考えていこう。数字に強くなるのか、マネジメントに強くなるのか、営業力か、提案力か、人それぞれ目指すところは違うけど、オールマイティに強みを持つことがSEには求められる。

人間としての価値観を持つこと

いままで出会ってきたSEの中でこの人は素晴らしい、と思う人が何人かいた。彼らに共通しているのは仕事に対する価値観、のみならず人生に対する価値観を明確にしている、という事である。「SEとはどうあるべきか」「5年後の自分はどのようなスキルで食べているのか」「開発の中での判断」「顧客の要望に対する判断」など価値観は人それぞれである。何が素晴らしい、ということはなくSEとしての自分のしっかりした芯を持っていることが重要なのだと思う。そういう人が顧客から信頼される立ち振舞をされるということになる。

人類皆兄弟

勝手な価値観の押しつけになるのを恐れます。これは僕が思っていることで人類みな兄弟、という事。誰かが困っていたら助けてあげよう。誰かを助けたことで自分にはその時の経験が身につく。逆に考えれば経験値を積ませてもらった、と捉えることも出来る。細かいことは抜きにして人類みな兄弟の心構えで仕事にあたれば楽になる。いちど腹をくくってしまえば楽になるのと一緒。あの人はこうだから、あの人は好きじゃないから、へんな目で見られるといやだから、そんな細かいセコい話は抜きにして皆で仕事にあたろうじゃないか。そういうリーダーシップを発揮すれば、部下も顧客も上司もあなたについていくでしょう。新人SEのみんなはそんなSEを目指してはどうだろうか。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOP