インフラエンジニアとして社内SEをやりたい

社内SEの定義はすでに説明しているので置いておきまして、様々な仕事の領域があるのが社内SEです。その中にインフラエンジニアとしての社内SEの仕事もありますね。

インフラと一言でいってもこちらもいくつか分類がありますし、各会社での呼び方も異なるでしょうから「おおまかに次のような仕事」をするものと捉えて行けば分かりやすいと思います。

インフラエンジニア×社内SEの仕事内容

求人情報に書かれている「お任せしたいお仕事」に書かれている内容は難しい単語が書かれている事が多いですが、概ね次のような仕事で理解できるはずです。


・サーバー設計、構築
・ネットワーク設計、構築、運用、監視
・基幹システム(販売、在庫、財務、業務システム等)の開発、運用
・データベース設計、構築
・社員のパソコンの管理や設定

金融、証券、通信、官公庁、製造など幅広い業界・・・というか今やどこの会社でもITは当たり前ですので様々な業界での求人が期待できます。最近だとクラウド化やビッグデータといったキーワードで転職を希望する方も増えていますし、その受け皿となる求人も増えてきました。

 

このお仕事は特に社内SEだからどうの、という事はありませんが自社内でのインフラのお守りをする重要なお仕事です。上流から下流まで携われる魅力的な職種であることと、運用・保守では協力会社(下請け)を管理しながらというケースも見られステップアップも期待できると思います。

また、業界経験が浅い20代前半の人材でも勉強しながらOJTしながらインフラエンジニアとしてのスキルを磨いていける求人も見られます。

 

転職の際に必要とされる要件やスキル等

社内のインフラ構築や運用をお任せするインフラエンジニアとしてスキルやキャリアでは次のようなものを保有していると有利です。

◯キャリアの面
社内SEとしての経験、インフラエンジニア経験、SE経験、PLやPM経験者優遇

◯スキルの面
サーバー設計、構築、NW構築、セキュリティ策定、運用、DB設計構築、TCP/IPの知識、Linuxの知識

業務システムに携わる場合はその業務知識があるとなおヨシですね。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOP