中小企業の社内SEは大企業とどう違いがあるか

中小企業の社内SEになりたいという方も多いです。

もともと社内SEは人気の求人ですので大手は勿論、中小企業も含めて応募していく人もいるからです。

では、大手と中小企業の社内SEで何が違ってくるでしょうか。

中小企業の社内SEは

社内SEという職種に限った話ではありませんが、大手は分業で職域が決まっているケースが多い一方で、中小企業だと他の仕事とも兼務であったり、何でも屋的な働き方を臨まれる場合もあります。広い範囲を全て自分が見れる立場、という事もあるでしょう。

100人200人の社員を抱える会社では社内SEは1人、2人で、主にネットワークの構築・保守・運用、ウイルス・セキュリティ対策、障害対応、ヘルプデスク、社員のPC機器の調達・設定・お守り・教育、ソフト資産管理、基幹システム導入・運用・保守、WEBサイト更新。

このへんを1人で対応していく形がよくあるスタイルです。

SIerではないためITリテラシーが低い社員が殆どで「あの人に任せれば何でもやってくれる」という事も少なくありません。全て自分主体で出来る仕事でありやり甲斐もあります。

社内SEという性質上、直接売上を上げるわけではないので営業マンからすれば肩身が狭い、立場が弱いと見る向きもあるかもしれませんが、社員の業務量や稼働を減らしたりシステムを使って間接的に経費を削減(利益増)に貢献する事ができる仕事ですので、胸を張ってプライドを持って取り組めます。

 

中小の社内SEは開発は少ない?

当たり前かもしれませんが基幹システムの導入をするタイミングであれば開発に携わる事もあるでしょう。発注側としてのSEとしての能力を発揮して業務に携われることは魅力です。

今まで請負う側でのSEとして働いてきた方にとっては「発注側」というのはとても魅力的に感じて転職したいという人もいますからね。

で、実際どうなのかといえば基幹システム導入時はそうですが、一度運用がスタートして軌道に乗ればその後はあまり開発案件は無くなります。

社員へのシステム利用の教育とか運用・保守のフェーズに入っていきます。全てがうまく行ってれば仕事量もそう多くなく、残業も少なく帰れる事もプライベートを大切にできるのでいい仕事だと思いますね。

なので、1人で100人からのITまわりの面倒を見れる人は中小企業の社内SEを目指すのも悪くないと思います。

地方の企業にはITに疎い人が多いので重宝されます。都会で働いてUターン転職で実家帰省を考えているSEの方の選択肢の1つになりうるでしょう。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOP