英語が活かせる社内SEの求人、どんなものがあるか

社内SEで英語が必要になる求人はいくつか見つける事ができるでしょう。

英語得意、IT系も得意という人材は是非ウチに来てその能力を発揮してください、という事にもなると思いますよ。

主に外資系企業や、海外進出中またはこれから進出予定の日本企業、コンサル系です。

それ以外の社内SEは基本的に日本国内で自社のITまわりの担当をすることになるので、日本語が普通です。楽天社のように英語を公用語としているところもありますが。

 

外資系企業

SEという仕事は日本にしかない仕事、などと言われますが真偽の程はよくわかりません。

けど外資系企業で求人検索するとシステムエンジニアの項目があるので、外資でも募集してますよ。

外資系企業に入社したら国内での仕事は日本語で行いますが、上司は外人だし本部は海外にあるので英語でのメール、電話、打合せがありますね。

海外出張などもありますし、社内システムの開発、啓蒙活動なども英語を使います。SAPの導入SEなどはよく出ている求人の1つですね。

 

海外進出の日本企業

近年は海外に進出する日本企業が増えてきましたね。いわゆるグローバル化を目指す企業です。

都会にだけ集中してるのか、といえばそうでもなく地方の中小企業でも海外に出て行く会社があります。

会社の中枢は日本に置いてありその社内システムの海外との連携や、外部向けホームページの英語化などもあるので英語得意な人材募集、という求人もよく見られるようになりました。

 

コンサル系

外資系企業や英語をよく使う会社に派遣されていく常駐型のSEの人材も英語力必須と言われることがあります。

行った先で社内SEとして振る舞うような働き方になります。常駐先の会社が英語を使う会社だったり外資系企業だと必然的に英語力が問われてしまいます。

 

英語力はどれぐらい必要なのか?

これは気になるところだと思うのですが、1件1件の求人情報を見ていけばよいです。自分が気になる会社の求人情報の「該当の人材」欄や、「必要スキル」欄に書いてあるはずです。

TOEIC 700以上とかが多いかな。TOEIC600でも業務の中で覚えてくれればいい、といった案件も見られます。

この辺は人物面重視で採用となるケースがあるのでスキル不足でも面接まで行って採用される事もあります。

転職エージェント経由で応募すると採用企業の人事担当者に推薦してくれる場合もあるので、登録しておくとよいでしょう。トップページもご覧ください。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOP