社内SEでスキルが身につくのか

おそらく社内SEをやってる人の多くがこの疑問を持たれるのかもしれないなと思うし、実際に私の同僚からもこういった声を聞くことが多いので、事実として「スキルが身についていない」と感じる人が多いと思います。

じゃぁ実際どうなのか、というと一部スキルが身につかない人もいると思うし、スキルをしっかり見につけて転職でも有利になるな、という人もいると思っています。どういうことか見て行きましょう。

まず社内SEの仕事内容についてはこちらの記事でも書いている通り、様々な仕事内容がありそれぞれで必要となるスキルや知識は異なってきます。

主に次のような立場での仕事があります。

  • 情報システム部系社内SE
  • 自社システム開発系社内SE
  • ITサポート・ヘルプデスク系社内SE
  • ネットワーク・インフラ監視系
  • ネットワーク設計・構築・運用のエンジニア

 

スキルが身につかない、危険かも?

上記の職域の中でスキルが身につかないでデメリットがありそうだと思っているのが、「ネットワーク・インフラ監視系」の社内SEです。それと自分次第ではスキルが身につくものの、環境と努力無しでは難しいのが「ITサポート・ヘルプデスク系」です。

どちらも未経験OKの求人が出ているケースが見られ、主に若手の人材を募集しています。仕事内容としては確かにマニュアル通りに進めていけるので未経験からでもIT系で仕事をしたいと思っている方には入門として良い仕事だと思います。

でもこの仕事を10年続けて大丈夫か、というとそうではありません。ここを始めとしてスキルアップを自分でしていく必要があるでしょう。

人の管理、ネットワーク構築のスキル、システム開発のスキルなどして上へあがっていかないと難しいんじゃないでしょうか。

残業もあまりなくいい仕事だと思いますけど、このままでは駄目だと思ったら早い段階でキャリアアップのための転職をする事をお勧めします。

 

スキルを身につけられる社内SEの仕事

前述の、「情報システム部系社内SE」「自社システム開発系社内SE」「ネットワーク設計構築運用」はスキルを積み上げていく事が可能です。

情シスは業務ベッタリな場合ではその会社内でしか通用しない事もあるので、将来的に転職する予定であればあまりスキルアップは出来ないかもしれません。1つの会社で勤めあげる予定であれば管理職を目指してキャリアパスを描くようにすれば良いと思います。

「自社システム開発系」は十分開発スキルを身に付ける事が出来る仕事です。

SEなので基本線は要件定義、設計、運用が多いと思いますが、システム規模が小さければ自分で詳細設計やプログラミング、DB構築をしても構いませんからね。

自分が作ったものをBtoCで提供できるサービスだと反応が見れるのでとても面白いし、やり甲斐がある仕事となるでしょう。開発スキルを身につけられるので転職を考えた際にも有利になります。

 

スキルを身につける事は安定なのか

「スキルが身につかない」という言葉をよく聞くのですが、じゃぁ「何のために?」と問われるとどうでしょう?

いま会社は終身雇用を辞めて社員の面倒を一生見るつもりがありません。逆に社員側も会社に一生捧げるつもりがない人もいます。

上場企業も倒産したり吸収合併してリストラされていく時代です。そんな中を泳ぎ切るにはどうすればよいか、それが価値の有る人間になる事にほかなりません。

価値があるとは市場に必要とされるスキルを持っていることです。

自助努力の時代、自己責任の時代ですので楽な職場で安穏と過ごしていてはいずれリストラの危機があります。

そうならないために、、市場に必要とされる人間になっていきましょう!

別に「ネットワーク・インフラ監視」の仕事だからスキルが身につかないとか、そういう短絡的な話じゃなくて。

自宅で週末起業でもしたり、趣味で自宅LANを構築したり、資格取ったり、プログラミングしたり、デザイナーやったり、何も会社内で働くためのスキルを身につけようとするのではなく、誰かに必要とされるスキルを身に付ければそれでいいんです。

世の中の変化に対応できるように自分も変化していかなきゃいけない、ってことですね。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOP