社内SEとは

ここでは一般的な社内SEと呼ばれている人たちについて解説していきます。

システムエンジニアの中で社内SEとはどんな領域なのか、仕事なのかチェックしてみてください。

社内SEとは自社向け仕事がメイン

SEはシステムエンジニアなわけですが、その頭に「社内」が付くことからお察しの通り、自社の会社向けで働くSEということが理解出来ると思います。

SEの働き方としては主に3種類挙げておきましょう。

1.他社に常駐して働く。基本的に自社で働くケースは稀でA社で常駐して働いて、そのプロジェクトが終われば今度はB社に常駐して仕事を貰って働く、のような働き方となる。

2.業務委託契約で他社から委託されたシステム開発を行いシステムを納品して売上をあげていく。自社で製造する場合もあれば、発注側の会社で席を用意してもらって製造する場合もある。

3.自社サービスやシステムやアプリを開発・運用するために働く。または自社内のインフラ構築・運営・パソコン周りの対応を行う

社内SEとは、この中で3番目の仕事を主に社内SEと呼ぶケースが多いです。

 

社内SEの中にも働き方がいくつかある

社内SEの仕事とはどういった働き方なのかチェックしてみてください。

 

発注する側としての社内SE

自社サービス、インフラ、基幹システム、を開発するために仕様を策定する立場。製造部分は下請けのメーカーに依頼する。
大企業に多い。金融・通信・商社などのユーザー系SIer(システム子会社)で働く社内SEが代表的。

例えばみ◯ほ銀行のシステム開発をするために自社システムの仕様決めや調整を行うのが社内SE。

でも実際の製造部分は下請けに発注(主に子会社やグループのシステム会社等)。そこのSEと要件定義して契約を結んで発注する。
納品されたシステムの受け入れテスト、運用テストなどまで行って、請求書を貰って支払う。流れとしてはこんな感じ。この場合社内SEは複数人居るので横と連携しながら進めていく事もある。

 

自社のITまわりの構築・運用

自社内のネットワーク、セキュリティ、パソコン対応、自社サイトの運用、ヘルプデスクなどを行う

自社で構築している社内LANや自社システム、外部向けサイトなどの運用、機能追加などを行うのも社内SE。

社内でのPCの不調やネットワークの不調などにも対応。会社によってはPCの故障対応やヘルプデスクのような仕事も行うので、お客様=自社内の人、といった見方も。

社内で導入すると便利になるグループウェアの導入検討や、MSオフィスを使ったツールの作成などもあるし、自分で仕事を見つけて立ちまわる事も仕事のうちです。

ここでの社内SEとは100人規模の会社に対して1人の社内SEぐらいの規模感ですね。

直接売上を上げる部門ではないため肩身が狭いこともあったりするようです。しかし自信を持って仕事にあたって欲しいですね。

 

以上!社内SEとはどんな人たちなのか解説してみました。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOP