社内SEの仕事内容は実は様々

みなさんは社内SEといってどのような仕事内容を想像されるでしょうか。また普通のSEとの違い、なども気になるかもしれませんね。この記事では社内SEの幅広い仕事内容についてお伝えしていきます。

それぞれの仕事内容は1人の社内SEに任されるものではなく、複合的なものだと捉えて下さい。つまりA、B、Cの円を描いて、Aだけを担当する人もいれば、それぞれの円が重なる部門で担当する人もいるのです。

会社の規模や抱えている社員数、仕事内容によって異なってきます。自分が社内SEになりたいと思ったなら求人をチェックして、どれに該当するのか確認してみてください。

 

情報システム部系社内SEの仕事内容

会社内に情シスという部門があればそれです。社内の基幹システムや業務システムの御守りをする業務となります。なのでそのシステムに関する知識を持ってる事、業務に関する知識を持ってる事なども必要となってきます。転職して初めてこの部門で働く事になったらまずは社内の勉強からスタートですね。システムの運用・保守・問い合わせ対応、さらには業務効率化の提案、IT化なども行いますね。

 

自社システム開発系社内SEの仕事内容

ここは特定の部門名は無いような気がします。
自社内で開発しているアプリ、WEBサービスの開発・運用・保守・改善などを行います。いわゆる内製で自分が作った物がユーザーに使われているのが分かりやすい部門です。やり甲斐を求めてここで働きたいと転職を希望するSEが多いですね。要件定義~設計までを行う場合もあれば、プログラミングに携わる場合もあります。システムの規模によって外注したりします。

 

ITサポート、ヘルプデスク系社内SEの仕事内容

情シスと似てると思いますしかぶる部分もあると思います。主に20代前半の若手や、未経験でこの業界に入ってきた人材に任せるケースが見られます。自社内でのPC不調とか「メールが使えない!」「ネットに繋がらない!」といった問い合わせに対応したり、PC機器の調達をしたり、自社ツールのサポートや開発補佐などを行う仕事です。

 

ネットワーク設計・構築・運用のエンジニア

ネットワーク、サーバー、DBの設計や構築、運用を行うエンジニアです。社内のネットワークもやるし外部向けのWebサーバーの運営なども行います。

 

ネットワーク、インフラ監視系の仕事内容

この仕事が楽しいかどうかは別として立派な仕事です。未経験OKで募集がかかる求人もこれ系であることが多いですね。主にマニュアルに従ってネットワークやインフラの監視とトラブルに対する対処を行う仕事です。夜間対応が必要な場合もあり体力的にしんどい人には向いてないかもしれません。

 

PL、PM

社内SEにもPLやPMは存在します。求人で出てる場合は「PL経験者募集」といった条件がありますので、該当する人だけ応募できます。年収でも600万以上が期待できるので今までSIで開発畑でバリバリやってきた人にもお勧めです。

 

セキュリティ

どこかの部門が担当兼務する場合が多い気がしますが社内のセキュリティ強化のための施策を実現するお仕事です。ウイルス対策ソフトの導入やアップデート、基幹システムとの競合が無いかチェックしたり、社員への研修を実施したり啓蒙活動も行います。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOP