社内SEは楽だと言われるけどホント?

i007

100時間残業35歳疲れた開発SEの、終の住処ならぬ終の仕事、と言われるのが社内SEだったりします。笑

何故かといえば社内SEが楽だと感じている人が多いからではないでしょうか。実際のところどうなのか一緒に確認してみましょう。

まず社内SEにもいろんな立場があり職域がある事はご存知だと思います。

  • 情報システム部系社内SE
  • 自社システム開発系社内SE
  • ネットワーク設計・構築・運用のエンジニア
  • ITサポート・ヘルプデスク系社内SE
  • ネットワーク・インフラ監視系
  • これらの仕事は社内SEといってよく想像される仕事でしょう。それぞれ仕事内容が異なるので本当に楽なのか整理します。

     

    情報システム部系社内SEは楽?

    社内の業務システムや基幹システムの開発・運用・保守・サポート・IT化などの仕事。緊急的な対応はあるものの納期に迫られたり残業するほどの業務量は無い場合があります。他社お客様を相手にする開発SEと比較して楽かもしれません。大手の情シス部門で厳しい上司が居たりすると途端に辛くなります。。

     

    自社システム開発系社内SEは楽?

    自社サービスやシステムの開発と提供を行うSEです。会社から定められた納期がありそこへ向けて開発していきますので残業もあるでしょう。ユーザーの声をダイレクトに受け取れるので面白い仕事として認識されていますが、リリース後にバグが出たら対応しなきゃいけないので、言うほど楽な仕事ではないと思いますけど、追加費用でモメることも少ないので気は楽です。

     

    ITサポート・ヘルプデスク系社内SEは楽?

    社内の問い合わせに対応する仕事ですが、基本的にはマニュアルに従って対応していくことになるので、楽だと思います。ヘルプデスクという性質からすると夕方18時で終了という設定があるので、やはり残業時間は少なめです。若手がココに配属になると将来的なスキル不足で不安になることがあります。楽なかわりデメリットもあるのです。

     

    ネットワーク・インフラ監視系は楽?

    仕事内容はわりと楽だと認識されています。若手を募集する社内SEの求人がよく見られるのがこの業務です。仕事はそうクリエイティブな仕事ではありません。けど、夜勤などもあります。体力がある若いうちはいいですけど30歳超えてこの仕事に就きたいという人はあまりいないんじゃないかなと思います。

     

    個人的な経験から・・・

    個人的な見解ですが社内SEは楽なケースが多いと思います。システムの仕様や認識の齟齬があっても対立も少ないですし追加費用の発生でモメることもありません。

    勿論つらい想いをして業務に当たってる人もいますけど、平均的に見ると、という感じです。何人か居るうちの同僚でも社内SE担当の友達は「楽でいいよなー」とか「納期のばしてもらったんだって?」「いいよなー楽な仕事なのに給料同じなんだもん」なんて声も聞こえてきます。

    逆に言うと社内SEは開発畑のSEからそういう目で見られる可能性があるので立場が弱いかもしれません(笑)そういう意味では「楽」では無いのかも?!

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOP