社内SEは残業が多い?少ない?

i010
社内SEという仕事は残業が多いのか、少ないのか、そんなことを気にして仕事しちゃ駄目でしょう(笑)

けど、一応回答しておきますと、これも職域によって異なると思いますし、会社の規模、上司の厳しさ、担当の人数によっても異なりますので一概には言えない部分がある事を理解して欲しいです。

で、結局どうなのかといえば少ないんじゃないかなと思います!

他のページでも書いてますけど社内SEを次の5つの仕事に大きく分けています。

  • 情報システム部系社内SE
  • 自社システム開発系
  • ITサポート・ヘルプデスク系
  • ネットワーク・インフラ監視系
  • ネットワーク設計・構築・運用のエンジニア

残業が少ない可能性があるのはやはり「開発」をしない社内SEでしょう。開発をすると納期が出てきますのでスケジュールミスや人員の能力など場合によっては残業をしなければ間に合わない事もあるからです。

では、残業が少ない仕事はといえば上の例でいくと次の2つですね。


ITサポート・ヘルプデスク系社内SE
ネットワーク・インフラ監視系

どちらも残業無しで業務にあたるケースが多いです。ITサポートは平日の定時までで受付を締め切れば残業なしで帰れます。

それから監視系の社内SEですが、こちらは2交代の場合は残業ありますが、3交代の場合は残業なしで帰れます。けど夜勤とか土日対応をする必要もあるので残業なしとはいっても自分の時間をかなり犠牲にする印象がありますね。

開発なのに残業なしなのか・・・

私の経験ですが、隣の席で働いていた社内のイントラ用Webサイトを開発していた同僚は残業なしで帰ってました。。「開発なのに残業無くていいねー」などとよく言われてましたけど「スケジュールが最適だから」なんて言い返してました。

そうです、彼が担当していた社内のシステム開発は自分で納期を決められたのです!一般的にはお客様からいついつまでに納品して欲しいと言われ調整しますが、彼の場合は納期は自分が完成した日、だったのです!

とまぁ、そういうヌルい職場もあるんだよ、という事ですね。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOP