社内SEから他の仕事に転職するのは難しい?

社内SEから他の業界、他の職種へ転職したいという方も少なくありません。

せっかくの社内SEというポジションを捨ててキャリアを再構築しようとする人もいるし、スライド転職で今までの経験を活かして活躍したい、という人もいます。

多いのは社内SEでは技術力が身につかず不安だから開発メインのSIerに行きたいという方も多いです。

それからより安定した大手に入りたい、規模の大きい上流工程がいい、という人もいるし、
今が大手すぎて大きなシステムの1部に携わるのではなく、全体を見渡せるベンチャー企業がイイ、という方もいるのです。

人それぞれ社内SEから外への転職の理由は様々ですね。

 

求人数が多い時期はチャンス

i027
社内SEのひとは自分にはスキルが足りない、他でやっていけるか心配、自分を必要としてる会社があるだろうか、、と思ってるようですがその点は心配なく!と言いたいですね。

社内SEから他業種、他職種へのチャレンジも時期によっては可能性たかいです。

モヤモヤしてる方はまず動いてみる事をオススメします。今の転職市場感を把握することができます。

実際、リーマン・ショック後から回復し求人数もめちゃくちゃ増えていますので業界や職種にもよるでしょうけどIT系なら、書類ベースで30件、40件も応募できる案件が出てくるはずです。(人材紹介サービスを利用すれば提案してもらえます)面接来て欲しいと言われるのは15~20社あれば多い方でしょう。

しっかり企業研究して熱意を伝えればあなたの未来の価値に対して会社は採用を出してくれますので、まずは自分が入りたいと思える企業を探す事ですね。

 

やりたいことが決まってる人

明確な目標がある方ならすぐにでも求人情報をチェックしてみましょう。

自分の視野の外の求人も拾いたい場合や非公開求人を探したい場合は人材紹介サービスを活用すればよいです。

 

意外とやりたいことが決まってない人の方が多い

どうしたら良いかわからないという方が多いです。確かに社内SEからのキャリアパスを考えるのは難しいかもしれませんね。

将来安定した大手に入りたいのか、やり甲斐を求めたいのか、年収なのか、、、優先順位を決めて活動する事をおすすめします。

その際に相談する相手が居ないことで悩む方が多いし、親に相談するような方もいます。

先に言わせてもらうと親に相談するのはナンセンスだと思います。親が自分の理想の社会人生活をしている先輩だったり、自分が目指す職種について詳しいなら別ですが、業界素人の人間に聞くことだけは駄目です。

この点も人材紹介サービスの人にアドバイスをもらうのはお勧めです。リアルタイムの生の情報が聞けるので活用してください。

 

社内SEから別の職種に転職を考えている場合

これがどれぐらいいらっしゃるのかわかりませんが、私は社内SEも経験して、その後は営業SE、販売業、営業マンなど転職の経験があります。

そこからわかったことは年齢にもよるけど新たに始める商売で自分がどれだけ努力できるか、だと思います。別の職種へ転職を考えている方は自信をもって思い切ってやり切る覚悟でいきましょう。

社内SEから別の職種といっても、今までのキャリアを活かせる職種であれば問題ないです。

たとえば社内SE→IT講師とか、社内SE→ネットワークエンジニアとか、社内SE→WEBディレクターとか、こういうのを半歩転職などと言ったりするようですけど、採用の角度も高いし馴染める可能性も高いです。

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOP