転職して社内SEになるには?

先にお伝えしておくと、社内SEを目指したい人、かなり多いです・・・
1人の求人に50人、100人なんて当たり前に集まります。

社内SEになるには、もともと社内SEの経験がある方が採用の確度は高いですね。

それ以外で社内SEになるには、次の素養を持っていると、うちに来て欲しいと言われる可能性が高いです。あとは書類と面接の審査をうまくやるのみです。

・リーダーシップやマネジメント

要件定義などの上流工程メインの部門ではメンバーの取りまとめやスケジューリング、外注のコントロールが必要です。

現職ですでにPL/PMを経験されてればPRする材料になりますが、そうでなければ今までの経験やできる事からPRしていく必要があります。

これまで仕事の中で創意工夫をして取り組んだ実績を具体的に話すだけで、この人は主体的でリーダーシップがあるな、という感触を持ってもらえる事があります。

 

・コミュニケーション力

別に社内SEじゃなくてもコミュニケーション力が必要、なんて言われる時代になりました。社内SEは社内でのヒアリング、提案、要件定義、ベンダー打合せ等がありその中でのコミュニケーション力が問われます。

今までの仕事でアピール出来る部分があれば強みになりますね。

 

・ネットワークの知識

リーダーシップやコミュニケーション力は仕事の中で身につけていく事になりますが、知識の部分は自分で勉強できる範囲です。ネットワークの設計・構築・運用が必要とされる部門もあり、そこで必要とされる技術を持ってることも必要です。

これまでの業務経験でNWやDBに携わった事があるなら自分を伝えるエピソードになるでしょう。

社内SEといっても部門によってはこの知識が不要な場合もあったりするので、自分がどこを目指すか明確にしてください。

 

社内SEになるには~流れ

いまIT系で働いているなら社内SEがどんな仕事をするかイメージ出来ると思います。その中で求人の種類がいくつか存在しますので、自分がどのタイプの社内SEになりたいか考え、求人を探していきましょう。

今のままでその社内SEに通過する場合もあるし、自分に足りないものを補って転職活動をする人もいるでしょう。

 

未経験からで社内SEになるには

すでにSEとしてのキャリアがある方なら社内SEになるにはそう難しくないハズです。求人をクリアして面接をクリアできればOKですから、そこを注力していきましょう。

未経験からで社内SEになるには、最初の業務が優しいところを探して行くのがよいと思います。ヘルプデスク、システム監視系の求人を探すことが近道になりえますよ。後日未経験から社内SEになるための記事を投稿しますね。

社内SEで未経験OKの求人があるかの記事もご覧ください。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOP