転職における年齢についてのアドバイス

SEは技術職ですし、最近は人材が不足しているので年齢が上の方のひとでも転職ができる可能性が高いです。

30代の転職者が最も多く5割ぐらいいます。続いて20代が3割、40代が1割です。

ですので30代の転職が遅いのではないか、もう今の会社で勤めあげるのが良いのではないかと考えている人は一度転職の市場を見てみることをお勧めしたいですね。

転職市場を見るというのは実際に求人を探したり、エントリーしてみる、とうい意味です。そうすれば自分の市場価値が分かりますし、どの分野で呼ばれやすいか、どんな会社が興味を持ってもらえるか肌感が分かるということです。転職サイトに登録して簡易な履歴書を登録すると興味のある会社からオファーが来るのでわかります。

その上で、行きたい会社が無ければ「今の会社で」という選択も可能です。アレコレ考え悩むより少し動いてみることが決断の材料になります。いつまでも今の会社で不満を抱え続けてても何も進展がありません。採用通知が来たからといって必ず入社しなければいけないわけでもないので。

 

WEB系や年齢が若い企業への転職

さて、若手はいいとして30後半から40代の年齢だと確かに受け口となる求人は少なくなります。最近は若手や第二新卒から採用したり未経験者を育てる社内風土が育ってきていることもあります。

特にWeb系やベンチャー企業は会社自体が若い場合が多いです。30代で部長職に就いてる人もいます。あなたの上司は年下の若造かもしれません。面接でも「若者が多いウチの会社に馴染めますか」とか「年下が上司でもやっていけますか」といった質問がされる場合もあります。

そんな中でもやっていけるバイタリティがある人なら大丈夫でしょう。逆に年齢差や人間関係が気になる方、残業はちょっと、とか待遇が気になる人はこれらの業界・会社には転職のターゲットにしないほうがよいと思います。

 

在職中に転職活動を

年齢が高くなればすでに家族を抱えている人もいるでしょう。転職活動をスタートする際にリスクを取らないように行動したほうがいいわけですが、

・今の会社に勤めながら活動する
・今の会社を退職してから活動する

の2通りの進め方があります。リスクが少ないのは前者の方で、収入が途絶えないで転職活動が出来るのでいいと思います。在職中だからといって希望の企業にマイナスに捉えられる事はありませんし事情もわかっていますので。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

TOP